境内日記 · 2020/01/26
十社大神には、玉を持つ龍がいます。 龍の持つ玉は「宝珠」と呼ばれ、願いをかなえる力を持っていると伝わります。こうした伝承は漫画ドラゴンボールでも有名ですね。 龍は、そもそも、古代中国の想像上の霊獣。しかし、日本の龍神信仰は、中国の影響を受けながらも、その信仰対象は水神の表徴である蛇を神格化したものだということです。...

2020/01/23
1月26日の文化財防火デーを前に、十社大神で消防訓練が行われました。 文化財防火デーは、昭和24年1月26日に奈良県の法隆寺で火事があり、仏教壁画の最高傑作と言われた国宝の壁画が焼けたことをきっかけに定められたものです。...

境内日記 · 2020/01/12
令和2年1月12日(日)午前10時より、今年の左義長を執り行いました。宮司が祝詞を奏上したあと、宮司と地元の児童たち計6人が松明で点火、無病息災や文字の上達などを祈願しました。...

お知らせ · 2020/01/02
あけましておめでとうございます。 令和2年の年頭にあたり、多くの方に十社大神に参詣していただきました。 皆様のご多幸を祈念申し上げます。 令和2年も、祭祀を心をこめて行うのはもちろんのこと、多くの人々に愛される神社となるよう一層取り組みを強化してまいります。ご指導のほどお願い申し上げます。...

お知らせ · 2019/12/27
十社大神では、現在、初詣の準備を鋭意行っております。 令和2年1月1日は、午前0時から夜通し拝殿を開け、1日夕方の日没まで随時、昇殿参拝などの受付をします。 1月2日以降も、朝から夕方まで拝殿を開けることにしています。 また、令和2年の初詣では、授与所で『御朱印』を取り扱うことにいたしました。...

2019/12/07
令和元年も、残すところ3週間あまりとなりました。十社大神では、令和2年にむけ、神宮大麻(天照大神様の御神札)と神社神符(各神社の御神札)の頒布を開始しております。 12月8日(日)に神前で大麻頒布祭を執り行い、総代さんに町内毎の御神札をお預けすることにしていて、その後、年末までに配っていただきます。

2019/11/30
十社大神の神馬殿の前のモミジが、見頃を迎えています。 現在、ほとんどの葉が黄色ですが、 このあと徐々に色が濃くなり、 12月上旬にかけて、赤に近い朱色になると見込まれます。 もちろん、年によって少しずつ色が変わります。 その年によって、淡い色になったり、濃い色になったり、 今年は最終的にどんな色に変化していくのか、今から楽しみです。...

2019/11/30
かねてよりご案内していた、御神輿の披露と稚児行列の日となりました。 しかし、本日(令和元年10月14日)の天気予報は、けさ現在、ほぼ1日雨となっています。 そこで、小杉駅前からの稚児行列は『取りやめ』とさせていただきます。...
2019/11/30
江戸時代に造られ、令和元年の今年、168年ぶり大改修をしていた御神輿が、 無事に完成し、先日、十社大神の神輿殿に戻ってきました。 今回の事業では、 いったん解体して全ての部品を取り外し、 欠落箇所は新たに造り、残っているものは忠実に復元し、 あらためて組み立てて漆を塗り、金箔を貼っていただきました。...

2019/11/30
10月に入り、朝晩はすっかり涼しくなりましたね。 さて、十社大神でも、少しずつ「七五三詣り」の準備を行っています。 境内にお祝いのための「のぼり旗」を掲げたり、 御祈願の後にお渡しする「千歳飴」などの準備をしたりとー。 七五三詣りは、 古くから行われていた下記の各儀式に由来すると言われます。...

さらに表示する