境内日記

境内日記 · 2020/03/03
十社大神の拝殿の横に、「しだれ梅」を植樹しました。 植えた梅は、3本。色は、紅・白と桃色の計3種類です。 「初春の令月にして、気淑く風和らぐ。梅は鏡前の粉を披き・・・」 「令和」という元号の出典元となった万葉集の「梅花の宴」の一節です。ここでは、大伴旅人らが庭の花を眺めながら梅をテーマに歌を詠む様子が記されています。...

境内日記 · 2020/01/26
十社大神には、玉を持つ龍がいます。 龍の持つ玉は「宝珠」と呼ばれ、願いをかなえる力を持っていると伝わります。こうした伝承は漫画ドラゴンボールでも有名ですね。 龍は、そもそも、古代中国の想像上の霊獣。しかし、日本の龍神信仰は、中国の影響を受けながらも、その信仰対象は水神の表徴である蛇を神格化したものだということです。...

境内日記 · 2020/01/12
令和2年1月12日(日)午前10時より、今年の左義長を執り行いました。宮司が祝詞を奏上したあと、宮司と地元の児童たち計6人が松明で点火、無病息災や文字の上達などを祈願しました。...

境内日記 · 2019/11/30
秋には葉が真っ赤に色づき、私達を楽しませてくれるモミジ。 春には、また違う楽しみ方があります。 十社大神の神馬殿の前のモミジの写真です。 今は新緑の季節ですが、あちらこちらに、ポツポツとピンク色が見えます。 よく見ると、プロペラのような形をしたものが葉の先についています。 これは、翼果(よくか)。花が咲いたあとの果実だそうです。...

境内日記 · 2019/11/30
平成28年度の春の大祭が、とどこおりなく終了いたしました。  5月20日(金)に前夜祭、21日(土)には大祭と御神輿の御巡幸、そして22日(日)は後日祭と、全日程をとどこおりなく終えました。  天気にもめぐまれ、21日のお祭り広場にも、例年以上に多くの方にお集まりいただきました。...